3つの家

安全な住まいのために

 一軒家

住まいを建てるための土地を探しているなら、地盤条件も必ずチェックしましょう。練馬区は人気ですが、調査済みの安全な土地なら、長く安心して住むことができます。また現地まで足を運んで周辺情報を確かめることができないなら、過去の調査結果を教えてくれるサービスもあるので参考にして下さい。

more

自分達の住宅の実現の一歩

 一戸建て

岡山県の気候を利用して、注文住宅を手頃な予算に納めることもできます。浮いた予算で、拘りを実現したり、他の機能を付けることもできます。上手に利用することで、もっと、自分達に合った注文住宅を実現させることができます。

more

新しい住宅を購入する

家

ふじみ野で住宅を購入する際、その予算や家族構成によってその選択肢は変わってくることになります。ただ、住環境を考慮すると家族が多ければ多いほど、特に子供がいる世帯であればマンションなどの集合住宅よりも一戸建て住宅を選択するのがおすすめとなってきます。

more

工夫を凝らした住宅

紹介している女性

東京には住宅が密集している地域があり、隣家との距離が近いため、家づくりでいくつかの注意点があります。それは周辺環境や住宅仕様によっても変わるため、住宅会社と納得するまで話し合い、決める必要があります。土地の面積が狭い場合、限られた設計となるため狭小住宅という選択肢になりますが、建てる時は日差しの取り入れ方に注意します。隣家が接している場合、貴重な日差しが入ってこない事もあるので、窓の位置に気を付けると良いです。また住宅が密集していると気を付けなければならないのが、消防法であり、火災の出にくい住宅に設計する必要があります。東京では狭小住宅は珍しくありませんが、通常の住宅よりも間取りが狭いため、工夫を凝らすと良いです。

住み慣れた東京でマイホームを持ちたい、けれども予算が少なく狭い土地しか手に入らなかったなら、狭小住宅を利用します。2人暮らしはもちろん、子供を含めた複数家族も可能な狭小住宅は、活用次第で様々な住宅インテリアを楽しむ事ができます。東京には狭い土地が多いため、狭小住宅が頻繁に作られていますが、収納や間取り、内装や住宅設備を工夫する事で、快適な暮らしができます。収納は階段下や床下、壁面や天井に設置でき、間取りは各部屋を繋ぐ場所に段差を作る事で部屋を広く見せます。また住宅インテリアは凝ったデザインにせず、シンプルに仕上げる事で統一感が出るため、空間は広がります。建具を作らず家具等で部屋を仕切れば、個室にはなりませんが効率良く活用できるため、使いやすくなります。